人間の血の色は赤色であることは世間に浸透していますし、大半の方は軽いけがなどをした際に自身の血液が赤色であることを確認していると思います。

ではナメクジの血液は何色なのか?

気になるところではありますよね。

今回はそんなナメクジの血液に関する内容を調査してきましたので書き綴っていきたいと思います。

ナメクジ 血 色

血液とは

体の細胞の隅々まで酸素を届けるため、体内を循環している液体のことを血液としているそうです。

ということはこの体液を循環させる仕組みを持っている生物はみな血液があるということになりますね。

ナメクジにも循環系は存在し、私たち同様外部から取り入れた養分や酸素を血液を使用して、循環させる機能を持っています。

このとき色による違いが見受けられるのには酸素を組み込み運ぶ成分である、ヘモグロビンと呼ばれる色素が関係していると言われています。

スポンサードリンク

血液の色による違い

私たち人間のように背骨を持っている生き物、脊椎動物と呼ばれるものの種類は赤い色素のヘモグロビンを持っています。

つまり、爬虫類や哺乳類、魚などの血液は赤色ということになりますね。

例外としてはミミズやアカムシなど背骨を持たない生物にも赤い血液を持つものもいます。

ではナメクジの血液は何色か?

ナメクジは軟体生物なので背骨の代わりに体中に張り巡らされた神経節を使って体を制御しています。

そういった生物の血液は薄い青緑色をしています。

ヘモグロビンの代わりにその色素成分を使って体内に酸素を循環させています。

同じ仲間としてはカタツムリなど見た目もそっくりで同じ血液の色をしています。

その他にはタコ、イカなどが挙げられます。

余談ですがナメクジは海中から陸上に適応するように進化しましたが、その中でも殻が不必要になって進化したカタツムリの仲間がナメクジであるとされています。

まとめ

血液とは基本的にはどの生き物も持っているなら仕組みは同じということは意外でしたね。

ナメクジの血液が青緑色なのは根本的に違うわけではなく、入っている成分の違いだけというのが判りました。

もしかしてヘモグロビンの色が黒かったら、私たちの血液の色は黒というのが一般的になっていたかもしれませんね。

スポンサードリンク