ナメクジがヘビを溶かすというのはいわゆる故事成語の三すくみの話が由来していると言われています。

実際にはナメクジには何かを溶かす能力というのはないため、間違った形で伝承されてしまった可能性があります。

今回はそんなナメクジの故事成語に関する内容を中心に調べていきたいと思います。

ナメクジ ヘビ 溶かす

三すくみの関係とは

三すくみの関係とはそれぞれ得意、不得意な相手になっており、身動きができない関係を示しています。

またの呼び方を三つ巴の状態とも言います。

私たちの間で最も浸透している三すくみと言えばじゃんけんです。

石は紙に包まれるがはさみは通さない。

はさみは紙は切れるが石は切れないといった具合に、まさに三すくみの状態を的確に示しています。

これをナメクジに当てはめたのが中国の古典にあるそうなのです。

スポンサードリンク

中国の古典から読み解く

中国の古典ではカエルはナメクジを食べるがヘビに食われる。

ヘビはカエルを食べるがナメクジには溶かされる。

ナメクジはカエルに食われるがヘビを溶かせるといった具合に書かれているそうです。

しかしこの古典に書かれている漢字は実際はナメクジを指しているものではなく、ムカデを指しているらしいということが最近判明したそうです。

実際にムカデはヘビの腹の中で繁殖し、食い破って出てくるといったケースがあります。

なぜ間違えられてナメクジになったのかはわかりませんが、伝達手段の発達していなかった当時の情報技術では、俗説が入り乱れることも仕方がなかったのかもしれませんね。

実際に中国に棲息しているムカデは毒を保有しているものが数多く存在するため、ヘビはあまりムカデを捕食しないようです。

ナメクジもヘビだけでなくカエルやマイマイカブリなどのオサムシ科の昆虫なども天敵になり、割と多くの生物の補食対象となります。

まとめ

ナメクジを使った故事成語が、実は本来とは異なった形で伝播したようですね。

このように日本は多くの外国の文化が独自の形に変化して根付いたものが数多く存在します。

ナメクジという身近の生き物の話からこのような歴史をたどることができるので、生き物というのはやはり関心が尽きないのだなと考えさせられますね。

スポンサードリンク