多くの人がナメクジを見たことがあるというだけで、ナメクジはどんな生き物なのか、何をして生きているのかをきちんと理解をしているという人はとても少ないのです。

ナメクジの危険性やナメクジによる被害を知らないために、被害が起きてしまっても、それがナメクジによる被害だということがわからないのです。

ナメクジ 黒い 長い 小さい

ナメクジと黒い、長い、小さいとは?

黒い、長い、小さいと聞いてどんな生き物を想像するでしょうか。

多くの人は黒いというだけでクロゴキブリを想像してしまうかと思いますが、実際には黒くて長くて、小さい生き物というのはとても多くいるのです。

ナメクジと黒い、長い、小さい生き物と聞くと、ナノクロムシが挙げられるのです。

ナメクジもナノクロムシも短期間でとても多くの野菜等を食い荒らしてしまうのです。

その為、自家栽培をしている人や農家の人はナメクジもナノクロムシもしっかりと警戒をしているのですが、被害はとても多く困っている人がとても多くいるのです。

また、ナノクロムシはアブラナ科の葉を食害する真っ黒な芋虫として有名になのですが、体長1~2cmほどというとても小さな生き物ではありますが、色がとても黒いのですぐに見つけることができるのです。

どちらも大量に発生すると野菜の茎だけを残して葉を全て食べてしまったり、野菜の葉の一部を食べてしまい、野菜の生長不良になってしまうのです。

スポンサードリンク

ナメクジとナノクロムシの駆除の方法は?

ナメクジには酢スプレーを行うことによって、駆除をすることが出来るだけではなく、近寄らないように対策をする事が出来ます。

ナノクロムシは薬剤の散布で駆除をすることができ、0.8mm以下の防虫ネットをする事で、しっかりと対策をすることができます。

まとめ

ナメクジとナノクロムシも発生してしまうととても厄介な生物です。

その為、現れたらすぐに駆除をすることが必要なのですが、駆除を忘れると大量発生するので注意が必要です。

 

スポンサードリンク